福井市美術館 サイトマップ English

展示室内
展覧会

 企画展
 常設展
 年間スケジュール
 図録販売
 過去の企画展
平成28年度開催予定の企画展
ベル・エポック展

会期=2017年6月3日(土曜)〜7月9日(日曜)
観覧料=一般1,000円/大・高生700円/小・中生200円

19世紀末から20世紀初頭のフランス・パリにおける、美しき時代と呼ばれるベル・エポック。トゥールーズ=ロートレック(1864-1901)を中心とした画家たちが、同時代を象徴する女性の服飾、大衆文化、風景、生活、風刺、広告などを、大胆な構図や斬新な感覚によって表現しました。本展では、版画を主に、水彩やデッサンなど約230点を紹介します。


ディヴァン・ジャポネ

《ディヴァン・ジャポネ》

1893年

石板画

トゥールーズ=ロートレック  

フィンランド・デザイン展

会期=2017年7月22日(土曜)〜9月3日(日曜)
観覧料=一般1,200円/大・高生800円/小・中生300円

フィンランドの多くのデザイナーは、「自然と人間との調和」を創造の源とし、日常で愛され永く使われ続けるような、シンプルかつ明るいデザインを生み出してきました。本展では、フィンランド独立以前の装飾芸術から独立後の成熟期を経た現在までの、各時代における木工や陶磁、ガラス、生地、グラフィックなど様々な素材の優れたデザイン作品を紹介します。

オブジェ

オブジェ

《バード リーヒポッロ》

《バード ピックポッロ》

1997年

オイバ・トイッカ

イッタラ

フィンランド・デザイン・ミュージアム蔵

©Designmuseo Photo:Chikako Harada

高田博厚展

会期=2017年9月16日(土曜)〜11月5日(日曜)
観覧料=一般1,000円/大・高生500円/小・中生200円

福井市ゆかりの彫刻家・高田博厚(19001987)が、この世を去り今年は30年となります。高田の生涯を彩る多くの師友との交流は、人間の本質を追求し続けた彼の思索と創作の支えともなりました。本展では初期から晩年までの代表作に加え、彼が影響を受けた人々や交流のあった人々の作品を併せて展覧し、その生涯と創作の軌跡、さらに彼の芸術の魅力に迫ります。

高田博厚

高田博厚

エドワード・ゴーリーの優雅な秘密展

会期=2018年2月17日(土曜)〜3月25日(日曜)
観覧料=一般800円/大・高生500円/小・中生200円

不思議な世界観と、モノトーンの緻密な線描で、世界中に熱狂的なファンをもつエドワード・ゴーリー(1925-2000)。アメリカのこの作家は、日本では異色の絵本作家として知られています。
不気味でナンセンスでありながら、一方でユーモアに溢れる、ゴーリーの多岐にわたる制作活動を、貴重な原画・草稿・書籍など約350点で紹介し、その優雅な秘密に迫ります。

うろんな客

《うろんな客》

©2010 The Edward Gorey Charitable Trust


ページTOPへ戻る